ニキビ跡を悪化させないためにも紫外線対策は重要

忘れちゃいけない紫外線対策

太陽

ニキビ跡を早く治すために保湿をしたりすることも大事ですが、実は紫外線対策というのも絶対に忘れてはいけないものなんです。

ニキビができた肌に日焼け止めなどを塗ってしまうと、肌はベタベタするし、何となく毛穴を詰まらせてしまうような気がするので避けたくなりますよね。

しかし、紫外線が肌にあたると活性酸素が発生し、ニキビの炎症を悪化させてしまうのです。

ニキビ跡の赤みというのは炎症が発端となっているので、当然ですが炎症が酷くなればニキビ跡も治りにくくなってしまいます。

ニキビが例えできてしまったとしても、いかに悪化させないかを考えることがニキビ跡を残さないためには大切なんです。

それにニキビ跡に紫外線があたるとシミになってしまうことがあります。

ニキビ跡が赤みの状態であれば回復も早かったかもしれないのに、黒っぽいシミのような色素沈着になってしまうと治すのが難しくなります。

赤い跡であれば炎症が治ればいいわけですが、色素沈着となるとこれはメラニン色素によって肌が染められてしまっているので、炎症が治まっても長期的に残ってしまいます。

こういった理由から紫外線対策は絶対にしないといけないと思います。


ニキビ肌におすすめの方法

UVカット

では、ニキビの残った肌にはどのような紫外線対策を行うべきか?という点ですが、基本的には紫外線をカットするものであればなんでもOKです。

肌に合う日焼け止めがないという方は、パウダーを活用するとよいです。

パウダーには紫外線を散乱させて防ぐという役割もあるからです。

ミネラルファンデーションなど紫外線防止効果のあるパウダーを使うと、肌に負担をかけずに紫外線対策ができます。

また、ニキビ肌専用に作られていて、UVカット効果と毛穴が詰まりにくさを両立したファンデーションなどもあるのでそういったものを使ってみるのもいいでしょう。

こういったものには、「ノンコメドジェニックテスト済み」と書かれているので、それを目安に探してみて下さい。

ニキビ肌用のファンデの場合は、炎症を抑えるための成分も配合されているため、UVカット、炎症の抑制、さらに毛穴が詰まりにくいといった特徴があるので、本当におすすめです。

ただ、毛穴が詰まらないということを保証するものではなく、あくまでもある一定の基準をクリアしたという意味に過ぎないので、炎症がひどい場合などは控えた方がいいでしょう。

また、どうしても毛穴の詰まりが気になってしまうという方は、防止やマスク、サングラスなどをできるだけ活用して、少しでも日焼け止めなどが薄くて済むように工夫してみるといいでしょう。

もちろん紫外線対策だけでなく、化粧水などを使ってスキンケアをすることも忘れないようにしてください。

夏場にマスクをしたりするのはちょっとつらいかもしれませんが、キレイな肌になるためにしっかりと実践していきましょう。


↑ PAGE TOP