ニキビ跡が残った肌にコットンパックで潤い補充!

化粧しても目立つ

鼻にニキビ跡がのこってしまっています。

中学生のころ、皮脂がとても多く、ニキビがよく出来ていました。

鼻にぷちんと白くニキビができると、どうしても気になってしまい、ついついつぶしていました。

そこから角栓を抜くのも、気がついたら癖になっていたのです。

それを繰り返しているうちに、ニキビ跡の穴が少しずつ大きくなっていきました。

高校生になり、お化粧にも手を出すようになったのですが、

お化粧をしてみると、頬の毛穴などはフラットになって目立たなくなるのに、

鼻はニキビ跡にそってファンデーションが毛穴落ちしてしまい、跡がかえって目立ってしまいました。

跡を目立たなくしようとファンデーションを重ねると、お化粧が崩れてきたときにすごく汚くなってしまいました。

なんとか肌をきれいに見せたいと思い、それをきかっけにニキビ跡ケアをしようと思うようになりました。

ニキビ跡はコットンパックでケア

私がニキビ跡対策として始めたのは、コットンパックです。

普段使用している化粧水をコットンにひたひたにして、鼻などニキビ跡が気になるところにパックします。

パックのあとには、乳液などでしっかりふたをします。

色んな化粧品が出ていますが、もともとあまり肌が強くなく、

いろいろな商品を試すことはためらわれました。

ニキビ跡や毛穴が目立たなくなる方法をインターネットなどで調べて、

保湿して肌を健康にして、代謝を高めつつ、ふっくらさせるのが良いのではと思うようになりました。

肌の代謝が良くなれば、ニキビのために痛んだ肌のターンオーバーもよく行われ、跡が目立たなくなるのではと思い、

肌の水分量が高くなりふっくらすれば、跡や毛穴が締まるのではないかと考えたからです。

時間はかかったけど目立たなくなった

実施しはじめたのは高校の頃からですが、高校の間は皮脂分泌も多かったせいか、思うように効果が出ていませんでした。

大学性になり、成長期の肌トラブルが落ち着いてきた頃から、友人に肌がつるつると言ってもらえるようになりました。

ケアをはじめたころは、少し離れた距離からもニキビ跡がぽっこり開いているのが見えていたのですが、

その頃にはお化粧をする距離で鏡を見たときに気になるかな、というくらいの小ささになっていました。

ファンデーションの毛穴落ちも、ほとんど目立たなくなりました。

肌もやわらかくなり、毛穴全体が締まったのだと思います。

さらに現在まで3、4年ほど続けており、完全に跡がなくなるということはないのですが、遠目にはきれいに見える状態を維持できています。

現在20代半ばになり、肌のターンオーバーはこれから徐々にスムーズでなくなるかと思います。

保湿の効果を最大に得るためにも、これからはピーリングなどを試してみようかと思っています。


↑ PAGE TOP